独身アラサー社畜の人生の楽しみ方

【速報レビュー】シャドウ オブ ザ トゥームレイダー (Shadow of the Tomb Raider)【序盤の感想・評価】フォトモードが楽しい!超安定の探索系アドベンチャー

 
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
ウユニ
「Mr.アフター5、ウユニ ~ゲーム×海外旅行~」管理人。 独身、アラサーの趣味に生きる社会人。 仕事だけの毎日にしたくなくてアフター5も休日も楽しみたい! ここ数年ですっかりゲーマーになってアフター5を満喫、年3回位は学生時代から続けている海外旅行で地球放浪しております。

どうも、社畜ゲーマー・ウユニ(@uyuni_BPgamer)です!

この記事では、PS4/XBoxOne「シャドウ オブ ザ トゥームレイダー (Shadow of the Tomb Raider)」の序盤をプレイした感想、ファーストインプレッションを速報的にレビューします!

重大なものは避けますが、序盤の内容に触れますので微ネタバレに注意。
クリア後レビュー記事も公開!

「2018年下半期期待の新作!」の1本です。

「シャドウ オブ ザ トゥームレイダー (Shadow of the Tomb Raider)」ってどんなゲーム?

ゲーム概要

概要
・発売日:2018年9月14日
・対応機種:PlayStation 4, XBox One
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・開発:Eidos Montreal, Crystal Dynamics
・販売:スクウェア・エニックス
・プレイ人数:1人
※公式ホームページ
伝説が生まれる。 美しき探検家「ララ・クロフト」が世界中の秘められた遺跡を冒険する壮大な物語が全世界を熱狂させ、累計売上6,300万本を記録したアクションアドベンチャーの金字塔『トゥームレイダー』シリーズ。20年を越える歴史と魅力が最新技術で進化を遂げた本作は、自由度の高い“魅せる”アクションやパズルのような謎解きが待ち受ける遺跡探索など、すべてが最大スケールで描かれる、まさにシリーズの集大成! 今明かされる“トゥームレイダー”誕生の物語 今度の冒険の舞台は古代マヤ遺跡。マヤ暦に記された「終末」から世界を救うため奔走するララは、運命に導かれるようにその身を覚醒させていく–。 地球上で最も過酷なサバイバル 無慈悲な自然が猛威をふるうジャングルでの戦いを生き残るためには、世界を味方につけなければならない。水没した広大なエリアでは、障害物を越えて抜け道を切り開きながら探索することになる。 ジャングルとひとつになれ 戦うのに十分な武器を持たず、圧倒的に不利な状況に置かれるララが戦うすべは、ジャングルとひとつになること。カモフラージュのために泥をかぶり、ジャガーのように音もなく忍び寄り一撃で敵を沈め、混乱を引き起こすのだ。Amazon商品ページ(PS4版)より

現時点でのプレイ状況と序盤の評価

※速報レビューにプレイ状況を書く理由と序盤の評価基準

レビュアーのプレイ状況

プレイしたバージョン PS4版 パッケージ
プレイした時期 2018年9月(発売日購入)
プレイ時間 4時間
プレイ状況 ストーリー系トロフィー4つ目まで。達成度14.45%
トロフィー取得率 10%
シリーズ作プレイ経験 リブート後2作「トゥームレイダー ディフィニティブエディション」「ライズ オブ ザ トゥームレイダー」クリア済

序盤の評価

「シャドウ オブ ザ トゥームレイダー (Shadow of the Tomb Raider)」のファーストインプレッション

開始後即、遺跡での冒険へ!安定の探索の楽しさ

世界各地を冒険する「トゥームレイダー」シリーズ。
本作では舞台を中南米に移し、新たな冒険が始まります!

主人公の”ララ・クロフト”は、「お約束」とも言えるようにピンチな状況からスタートします。
そしてを開始後すぐにプレイいきなりアクロバティックな冒険を楽しめます!
ピッケルを用いたクライミングアクションはロープも使えるようになりさらに多彩に。
ギミックを弄る謎解き要素アスレチックも健在です。

少し物語を進めると街中が洪水に襲われます。
ド派手な環境破壊描写とともにスピード感あるアクロバティックなアクションは動かしてるだけで楽しい!
ミスると例のごとくララさんは悲惨な死に方をしてしまいます汗

横幅が広い”リニア形式”なマップというのもシリーズ共通ですね。
基本的にはストーリーに沿った一本道ですが、収集要素や謎解きの「トゥーム」などの要素がふんだんに散りばめられて探索が楽しいです。

中南米の舞台が魅力的

物語のスタート地点はメキシコの「コスメル島」
”死者の日”というメキシコのガイコツ祭りの日なんですが、ラテンのカラフルな雰囲気と相まってとても明るいです!
今作でさらに一段階グラフィックが上がったようにも感じ、風景に魅了されます。

物語が進むとペルーのジャングルへ。
過去二作の舞台がそこまで明るくなかっただけに、今作の明るい自然の中での冒険は本当に開放的です!
タイトルに「シャドウ」とあるので徐々に暗くなっていくのかもしれませんが、、、笑

フォトモードが楽しい!

本作で初実装の「フォトモード」
最近のAAA級のゲームだと当たり前のように搭載されているモードですが、風景が綺麗な本作では魅力がさらに凄い!
被写体深度やコントラストもいじれて本格的です。
対象の被写体が女性のララさんなのも撮るモチベーションを上げてくれます笑

ストーリー上では子ども時代のララさんも扱え、そこでもバッチリ写真を撮りました。
「アンチャーテッド」といい、シリーズ完結編では子供時代はお決まりなのか!?笑
美人なララさんですが子供の頃は正直あんまり可愛くないような。。。w

マンネリ感は否めない

非常にとっつきもよく開始後すぐ楽しめるソフトなんですが、本作ならではの新しさはまだ感じられていません。
前2作からよくできていると言えばそうなんですが、各種要素にはどうしてもマンネリを感じてしまっています。
ピッケルによる崖登り、アイテムを集めての装備強化、横道にあるトゥーム探索、弓のステルスを基本にした戦闘などベースになるものはほぼ変わりません。
戦闘場面はまだそこまで多くないので、この先新しさを感じられるかもしれませんが。。

ストーリーに関してもツッコミどころ満載なのも変わらず。
「おいおいララさん、、苦笑」となるシーンは現段階でもよく見られますね笑
まぁ冒険に行く動機づけという意味付けだと充分なのかもしれませんが。

「シャドウ オブ ザ トゥームレイダー (Shadow of the Tomb Raider)」速報レビュー、まとめ

俺が大好きな中南米を舞台にしての探索はとても楽しいです!
ララさんはシリーズを重ねるごとにどんどんパワフルになって、もはや若干人外化してるような気がしますがw

ド派手な環境破壊描写と探索には常に楽しい気分にさせてもらっています。
本作特有の新要素の登場に期待しつつ、ドンドン冒険を続けたくなっています!

この記事を書いている人 - WRITER -
ウユニ
「Mr.アフター5、ウユニ ~ゲーム×海外旅行~」管理人。 独身、アラサーの趣味に生きる社会人。 仕事だけの毎日にしたくなくてアフター5も休日も楽しみたい! ここ数年ですっかりゲーマーになってアフター5を満喫、年3回位は学生時代から続けている海外旅行で地球放浪しております。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

Copyright© Mr.アフター5、ウユニ ~ゲーム×海外旅行~ , 2018 All Rights Reserved.