独身アラサー社畜の人生の楽しみ方

【PS4】ワンピース ワールドシーカー (ONE PIECE WORLD SEEKER)【レビュー/感想】ルフィで飛び回るのが楽しいけど旧世代感が強いコンパクトなオープンワールド

 
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
ウユニ
「Mr.アフター5、ウユニ ~ゲーム×海外旅行~」管理人。 独身、アラサーの趣味に生きる社会人。 仕事だけの毎日にしたくなくてアフター5も休日も楽しみたい! ここ数年ですっかりゲーマーになってアフター5を満喫、年3回位は学生時代から続けている海外旅行で地球放浪しております。

どうも、社畜ゲーマー・ウユニ(@uyuni_BPgamer)です!

この記事では、PS4「ワンピース ワールドシーカー (ONE PIECE WORLD SEEKER)」をレビューします!

「2019年期待のソフト24選!」の1本です。

「ワンピース ワールドシーカー (ONE PIECE WORLD SEEKER)」ってどんなゲーム?

ゲーム概要

概要
・発売日:2019年3月14日
・対応機種:PlayStation 4
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・開発:ガンバリオン
・販売:バンダイナムコ・エンターテインメント
・プレイ人数:1人
※公式ホームページ
——さあ、どこから冒険しよう ルフィのゴムアクションを駆使し、謎の島”ジェイルアイランド”を縦横無尽に駆け巡る、フリーフィールドアクションが誕生。 お馴染みの”ゴムゴムの実”の能力が移動で、探索で、バトルで発揮される。今までの『ONE PIECE』ゲームとは一味違う、全く新しい大冒険を楽しもう。Amazon商品ページ(PS4版)より

項目別評価とレビュアーのプレイ状況

※当ブログにおける評価基準とプレイ状況を書く理由

スコア別評価

・熱中度:おつかい感が強くあまりのめりこめなかった。

・オリジナリティ:二昔前のテンプレ的なオープンワールド。

・快適さ・分かりやすさ:銃撃のストレス、オープンワールド箇所の少なさが微妙。

・サウンド:移動時に無音、アイテム獲得音が簡素すぎる

・グラフィック:ワンピースキャラの表現はしっかりとしていた。

・ストーリー:ワンピースの外伝としては佳作の出来。

その他評価ポイント

ボリューム 少 📕📕⚪⚪⚪⚪⚪⚪⚪⚪ 多
難易度 易 💪💪💪⚪⚪⚪⚪⚪⚪⚪ 難 (調整有)
セクシーな表現 少 💋💋⚪⚪⚪⚪⚪⚪⚪⚪ 多
ゴア表現 少 ☠⚪⚪⚪⚪⚪⚪⚪⚪⚪ 多
トロフィー難易度 易 🏆🏆🏆🏆⚪⚪⚪⚪⚪⚪ 難

・ボリューム:オープンワールドとしてはかなり狭く、ストーリーも短い。

・難易度:銃撃や集団でのハメなどのストレス要素があるが、難しくはない。

・セクシーな表現:ナミやロビンを始め巨乳キャラは多いw

・ゴア表現:ワンピースらしくほぼなし。

・トロフィー難易度:量が多いお使い系のクエストをこなせばよく、難易度としては高くない。

レビュアーのプレイ状況

プレイしたバージョン PS4版 パッケージ
プレイした時期 2019年3月(発売日購入)
プレイ時間 8時間
プレイ状況 難易度「STANDARD」で本編クリア。
トロフィー取得率 54%
シリーズ作プレイ経験 ガンバリオン開発の「ワンピース」ゲーム初プレイ。

総合評価

「ワンピース ワールドシーカー (ONE PIECE WORLD SEEKER)」の良かった点

ルフィのゴムアクションでの移動が爽快!

「ワンピース」初のオープンワールド化!
その目玉となるのはルフィの「ゴムゴムの実」の能力を活かしたアクションです!

オープンワールドでは移動時間が長いため、移動を楽しめるかが重要です。
初期状態ではスキルもないためただ移動するだけでしたが、
「ゴムゴムのロケット」「ゴムゴムのUFO」を取得してからは移動が爽快です!
木や建造物が多い空間では空中を爽快に飛び回れます!
操作キャラがルフィだけなのはこの移動力を前提にしたことが大きい気がします。

オープンワールドアドベンチャーらしくスキルの入手が自由なのもポイント。
移動を重視するか、戦闘を重視するか、基礎能力の強化を重視するか。
俺は移動・探索回避よりの戦闘を主体に強化しました。

「ワンピース ワールドシーカー (ONE PIECE WORLD SEEKER)」の気になった点

旧時代的なゲーム性

2019年にリリースされたオープンワールドとしてはかなり時代遅れ感が強かったです。
マーカーのもとに移動し、単調なクエストを受注しストーリーを進める。
クエストの内容も敵の殲滅やアイテム収集など特にひねりがありません。

マップの作り込みもかなり甘かったです。
オープンワールドとしてはかなり狭いんですが、建物のハリボテ感も強くNPCも全然いません
地形面にはゴムゴムの能力が活かせなかったのも不自然でした。
フィールドでのギミックやイベントもなく、ただただのっぺりとしたマップを動くだけ。

せっかくのワンピース原作なのにフルボイスじゃないのも残念。
パートボイスのパターンも少なく超絶安っぽいです。
台詞が入っているムービーパートもかなり短くキャラゲーとしての魅力も薄いなぁと感じてしまいました。

戦闘時のリアクションが微妙

ルフィを操る戦闘なのに爽快感が薄いのは微妙です。
攻撃のモーション中には回避はできず、銃撃を食らうと動けません。
別に難易度が高いわけではないんですが、ただただイライラします。

敵の復帰時の無敵時間が長かったり無駄に宙に浮く敵が多かったりと面倒臭さが勝る戦闘です。
スキルを取得すると多少は緩和されますが、敵のパターンも多くない。
まだ爽快感のある無双系のほうが遥かにマシだなぁと思いました。

キャラクターのイメージと合わないステルス

本作では最近のオープンワールドによく取り入れられている「ステルス」要素が含まれています。
”見聞色の覇気”を使うなど設定自体はきちんとしていますが、そもそもルフィでステルスをすることに違和感。
原作では一切そんな事考えずに暴れまわるのがルフィですからねw
キャラゲーでキャラクターのイメージと合わないことやらされる意味が分かりませんでした。

また敵の感知範囲がムダに広いのもストレスでした。
町中でも屋上にやたらスナイパーがいて爽快な移動に水が刺されます。
せっかくの良いところすら阻害してしまう敵の配置にイラつきましたね。

「ワンピース ワールドシーカー (ONE PIECE WORLD SEEKER)」がオススメできる人/オススメできない人

こんな人には特におススメ。

・ゲームの古臭さを気にしない人。

・オープンワールド初心者。

こんな人にはおススメできない。

・洋ゲー大作オープンワールドプレイ経験者。

「ワンピース ワールドシーカー (ONE PIECE WORLD SEEKER)」ファンにオススメするゲーム

スパイダーマン (Marvel’s Spider-Man)

超能力アクションを使った爽快なオープンワールドではスパイダーマンが圧倒的!
ワールドシーカーが好きならそれのはるか上の楽しみが得られるでしょうw

「ワンピース ワールドシーカー (ONE PIECE WORLD SEEKER)」レビュー、まとめ

和ゲーの開発規模でのオープンワールドは鬼門だなぁと改めて感じさせられた一作でした。
せっかくのいい題材なのに全然活かしきれてない残念さが目立ちました。
特に「スパイダーマン」より発売時で高価なのにこれはちょっとなぁ。
洋ゲーと比べるのも酷ですが、同じ価格で売られているので見劣り感じるのは仕方ないです。
2、3,000円くらいなら許せるんですが8,000円オーバーですしね。

この記事を書いている人 - WRITER -
ウユニ
「Mr.アフター5、ウユニ ~ゲーム×海外旅行~」管理人。 独身、アラサーの趣味に生きる社会人。 仕事だけの毎日にしたくなくてアフター5も休日も楽しみたい! ここ数年ですっかりゲーマーになってアフター5を満喫、年3回位は学生時代から続けている海外旅行で地球放浪しております。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

Copyright© Mr.アフター5、ウユニ ~ゲーム×海外旅行~ , 2019 All Rights Reserved.